企業・行政の皆様

預かり保育事業受託

ピッコロでは、法人様・行政機関からの預かり保育事業委託もお引き受けしています。

ピッコロの預かり保育の特徴

利用者の視点に立ち、預かる理由は一切問わず、既存の保育サービスでは実施できていない利用者のニーズにきめ細かく対応する保育サービスを提供します。

  • 預かる理由は問わない
  • 24時間対応
  • 緊急時にも対応可能
  • 低価格
  • 訪問保育
  • 団体保育
  • 市外の保育施設やお稽古ごとの送迎

 

預かり保育事業委託 ご契約までの流れ

1. お問い合わせ
どんな事業をご希望か、ピッコロにしてほしいことは何かをお聞かせください。
    ↓
2. 打ち合わせ(ピッコロ事務所にて)
事業の具体的な内容および予算についてすり合わせをいたします。
    ↓
3. 両者の合意のうえ契約
    ↓
4. 事業開始

 

東京医大女性研究者支援事業女子医大ファミリーサポート連携プログラムご担当者様のコメント

信頼と安心――女子医大ファミリーサポート室の運営の委託して

東京女子医科大学女子医大ファミリーサポート室室長
野原理子 様

「女子医大ファミリーサポート」は、平成21年度より、文部科学省大学病院人材養成機能強化事業(周産期医療に関わる専門的スタッフの養成)「男女共同参画型NICU人材養成プログラム―地域とささえあう周産期医療―」の大きな柱の一つとして、学内に構築され運営されています。
私たちが「女子医大ファミリーサポート」の構築と運営にあたって、最優先したものは「安全の確保」でした。そこで、全国のファミリーサポートセンター運営の支援をおこなっている、女性労働協会のご担当者にご相談させていただき、これまでのファミリーサポートセンター活動状況調査結果などもふまえ、ピッコロさんに運営を委託させていただくことといたしまた。

平成22年10月に女子医大ファミリーサポートが発足し、現在1年7か月が経過しました。これまでの実績は、当初の予想をはるかに上回るものとなっています。これは、ピッコロさんの強い信念に裏付けられた高い現場力によるものと確信しています。
これまで私が本事業を一緒に運営してきた中で、ピッコロさんの、「安全を守るためには妥協は許さない、しかし必要と思うことには柔軟に対応する」という姿に、強い信頼と安心を感じています。

質の高い保育サービス講習会、現場での実績に基づいたスキルアップ研修のみではなく、交流会などのイベントでは、誰もが楽しめて温かな気持ちになれるひと時を作り出して下さいます。このような様々な講習会や交流会のたびに、ピッコロさんのすべてのスタッフの方々が一丸となって、より良いファミリーサポートづくりに向けて前進している様子が伝わってきます。

ピッコロさんと一緒にこの事業を運営できることに感謝しています。